記事一覧

クリスマスの集い「死と絶望を語る会」

2016年12月24日(土)、シェアスペース河内長野において以下のような企画を開催しました。

【ばたお・だめおのクリスマスの集い】

第Ⅰ部(プレ企画):14時から
・改憲問題学習会「《明治憲法フェチ》日本会議と安倍政権」
日本会議とその影響下にある安倍政権が目指しているのは、「憲法の改正」というよりも「明治憲法の復活」です。そうした“改憲勢力”の運動の歴史を学びつつ、今日の改憲情勢に対する展望を議論したいと考えています。

第Ⅱ部(メイン企画):17時から
・「たこ焼き/非たこ焼きを食べる会」
クリスマス・イブなのでたこ焼きを食べたい——というのは嘘で、たこ焼き器をもらったのでたこ焼きを作りたくて辛抱が堪りません。たこ以外の具材を入れる“変わり種だが美味しいたこ焼き”も作りたいので、参加される方にはオリジナルの具材を持参してほしいと考えています。またプレゼント交換会も行いたいので、100円程度以上のプレゼントの持参もお願いします。

第Ⅲ部(ポスト企画):深夜
・「死と絶望を語る会」
死と絶望だけが、今や僕たちの希望であるとは言えないでしょうか。未来社会を展望していくための出発点とするべく、共同苦悩をアソシエイトする場を展開したいと考えています。





第Ⅰ部の参加者は0名だったものの、第Ⅱ部は9名、第Ⅲ部は22時30分からの深夜開催にもかかわらず6名の参加がありました。当初はなかなか厳しい日程のためにもっと少数精鋭になるかと思っていたのですが、予想よりも多くの方に参加していただきました。

  ▼「たこ焼き/非たこ焼きを食べる会」の様子
  たこ焼き/非たこ焼きを食べる会

  ▼たこ焼きとばたお
  たこ焼きとばたお

変わり種のたこ焼きでは、塩こんぶが美味しかったです。ソースも何も付けないで食べられました。また、チョコレートも意外に美味しかったです。



「死と絶望を語る会」では、個人的に"徹底的な悲観主義を通して未来における解放を構想する"という(裏の?)目的があったのですが、労働運動にかかる議論などにも発展しました。以下は、参加者の1人の感想ツイートです。





参加された皆さん、どうもお疲れ様でした。

また、当該企画に対してツイッター上で様々な反応がありました。宣伝に協力してくださった方、特に何もしていないが応援だけしていたという方もありがとうございました。






関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ばたお

Author:ばたお
・1983年大阪府生まれ。大阪府河内長野市在住
・ショボい労働、ショボい自給農、ショボい消費で生きています。
・シェアスペース河内長野。アジェンダ・プロジェクト大阪

【ツイッター】@BATAO_Hetare
【スカイプ】batao2.0
【PCメール】ba1234tao@gmail.com

Twitter

記事検索

カテゴリ

アクセスカウンター

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR